福岡で活躍中のブラジル系アコースティックデュオ/ブリーザ・ド・ブラジル


by brisa-do-B
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

cafe & bar Brisa do ★ 5月のイベント情報

さぁ!いよいよ5月!
GWは通常通り営業しております (^^) ♪


♦︎ 5月7日(月)   8日(火) 第1月曜日 と火曜定休で連休となっております。




♦︎ 5月13日(日) 【古き良き時代の映画を観る会】
19時〜
主催の石橋さんの解説も毎回楽しみのこの会 ♪
お気軽にどうぞ(^^)
今月は 《ザッツエンターテイメント》1974年 



♦︎ 5月20日(日) 19:00〜22:00 夜のみの営業です。





♦︎ 5月23日(水)    Special Live ♪
【伊藤ノリコ・宮野弘紀Bossa do AR live@港cafe Brisa do】

Open 18:00
Start 19:00
3000円 要1drink order

伊藤ノリコ vo、gt
宮野弘紀 gt

[bossa do Ar](空気のボサノヴァ)〜宮野弘紀(g.),伊藤ノリコ(vo./g.)による、空気感を大切にしたボサノヴァ・duo‾

伊藤ノリコ(vo./g.)
d0168331_01445940.jpg

岐阜県出身。武蔵野音楽大学声楽科卒。クラシック〜ジャズ〜ブラジル音楽と以降しつつ唄い続けている。
リオ録音の2nd.CD[A Paz(平和)]は、ブラジル音楽界の重鎮ジョアン・ドナートが全曲ピアノ、アレンジで参加。
そのドナートから『ノリコは人の心をひきつけ、高い音楽性と個性を持ったこの上なく魅力的なカントーラ(シンガー)』と称された。
またドナートの強い要望で、リオの名門クラブ[ミストラ・フィーナ]に出演、現地のメディアにも取り上げるなど話題となる。
3rd.もリオ録音で名手ルーラ・ガルヴォン(g.)とのDUOを中心とした[Fotografia]。
また2014年には、元祖ボサノヴァのミューズ,ワンダ・サーのススメ、手ほどきを受け2008年から始めたギターの弾き語りによる[bossa do Ar](T-TOC-RECORDS)をリリース。
ボサノヴァ伝道師としてWOWWOW,NHK Worldなどの番組にも出演。一方でレッスンにも力を入れ、多くのボサノヴァファンに『歌う』『弾き語る』楽しさを伝授している。



宮野弘紀 Hiroki Miyano(g.)
d0168331_01480442.jpg

東京で生まれ、札幌で育つ。上京後すぐに「スィング・ジャーナル」誌の元編集長・児玉氏に見いだされ、
マイルス・デイビスのプロデューサーであったテオ・マセロ氏のもと、
1981年NYにて[MANHATTAN SKYLINE](日本フォノグラム)をレコーディング、メジャーデビューを果たす。(最優秀録音賞受賞)
一躍、アコースティック・ギター界の寵児として注目される。その後もアール・クルーとのduo作品などを経て、
’85年、自身がリーダーの『アコースティック・クラブ』を結成。ニューエイジ・ミュージックとして話題となり、「アドリブ誌」でベスト・アルバム賞も受賞。
作曲家としても高い評価を得て、TVのテーマ曲なども手がけた。またCoba(acc.),寺井尚子(vl.),石井竜也(vo.),THE Boom宮沢和史,綾戸智恵(vo.)など
多数のアーティストのサポートでも活躍。
最新作は’07年、Rio録音の名手ルーラ・ガルヴォンとのギターDuo作品[AGADIO](全曲 宮野オリジナル曲)。評論家が選ぶ2007年度の「私が選ぶベスト盤」に選ばれた。
今年秋には、ルーラとの続編となる[AGADIO 2016]をリリース予定。(チェロのジャキス・モレレンバウが参加)
常に日本人としての、「一筆書き」のようなギター・サウンドを意識したオリジナリティーを追求している。

offcial HP http://miyanohirokki.com/



♦︎ 5月26日(土) 【タロット占い】

タロット・セラピスト野上由美子さんによるタロット占い。

14:00~17:00

鑑定料 ¥2000(要1drink order)

今年からセラピスト野上さんの通常鑑定価格の統一により鑑定料が変更になります。ご了承下さいませ。

☆鑑定は個室にて。cafeは通常営業です。

d0168331_01550386.jpg


[PR]
by brisa-do-B | 2018-05-02 01:21 | Comments(0)