人気ブログランキング |

福岡で活躍中のブラジル系アコースティックデュオ/ブリーザ・ド・ブラジル


by brisa-do-B
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月のイベント ★ Live情報

やっと梅雨入りしました!
7/7日の七夕さまは何とも晴れてほしい(≧∀≦)‼️
今月は cafe Brisa do の誕生月です。
皆様
《七夕さまの感謝祭 》是非お越し下さいませ☺️✨✨✨
今月も様々なイベントで
心より おもてなしさせて頂きます。


♦︎ 7/1(月) 第1月曜にて定休日

♦︎ 7/7(日)    cafe & bar Brisa do ★ 6th anniversary   〜6周年感謝祭〜
d0168331_15562404.jpg

おかげ様を持ちまして
港にcafe&bar Brisa doをopenして7月で6周年を迎えます。
6年間の感謝の思いを込めて
今年も《Brisa do生誕祭》を開催致します!!
皆様に愛される
癒しの空間・音楽溢れるおもてなしの空間であり続けます様
これからも 日々 精進して参ります。
7月7日(日)七夕様の昼下がり
皆様のお越しを 心よりお待ちしております!!

(前売)¥3500
(当日)¥4000
要1drink order
森綾乃さんのお弁当付き!

15:00 open
15:30〜
♦︎ Rina Nishimura(劇団アフリカ)
バラフォン演奏
16:00〜
♦︎ Brisa do Brasil ☆ Live
鮫島直美(vo)
pepe伊藤(vo & gt)
スペシャルゲスト
前田智洋(gt) from東京

《前田智洋 / Tomohiro Maeda プロフィール》
d0168331_15560712.jpg
ギタリスト。 作、編曲家。
17歳でギターを始め、以降、自己のバンド、”Tomohiro Maeda Paris Connexion” 、”Et Vie Danse” をはじめ、”A Slice Of Life”、”Cas.G.B”、”Michina & Tomo”、”Nightingales”、”Sugami” 等数多くのバンドに参加。Mi-bemol Saxophone Ensemble等へのアレンジも手がける。
これらのグループでフランス、日本をはじめ、ヨーロッパやアジア、各国にてツアーを行う。またパリ・イッシー・レ・ムリノーでの4万人規模のコンサート、パリ・オランピア劇場、リール・ゼニット等数々の有名ホール、ニース、アミアン、サン・モール、サン・レミ・レ・シュブルーズをはじめとする各地のフェスティバルに参加。メディアにも多数出演している。
また数々のレコーディングにも参加。自身のアルバムとしても、” Life”、” Loop City” 、”Free Colors”を発表している。
8年間のパリでの活動後、2013年活動の拠点を東京に移す。オリジナリティ溢れる演奏と多くの色彩感をもつ楽曲は各地で高い評価を得ている。

《 Rina Nishimura プロフィール 》
d0168331_15582371.jpg
西アフリカの伝統楽器バラフォンとダンス担当。2006年より劇団アフリカにて活動中。2011年、2012年ギニア共和国に渡り、現地アーティストより指導を受ける。
近年は、特に子供、ベビーを対象にした舞台作品作りに注力している。

Brisa do Brasil
《pepe 伊藤》gt
d0168331_15591839.jpg
《鮫島直美》vo
d0168331_15591975.jpg

♦︎ 7/8(月) 臨時休業

♦︎ 7/14(日)   【 タロット占い 】
タロットセラピスト 野上由美子さんによるセラピー。鑑定料 ¥2000
13:00〜17:00
☆ セラピーは個室にて。
☆ cafeは通常営業です。
d0168331_16040824.jpg

♦︎ 7/15(㊗️月)   【古き良き時代の映画を観る会】19:00〜
《紳士は金髪がお好き》1953年 米
マリリン・モンロー、ジェーン・ラッセル主演  
ハワード・ホークス監督
d0168331_16131012.jpg


♦︎ 7/16(火)   【 cafe & bar Brisa do ☆ Special Presents  〜唄い人と舞祈り人 ☆時空をこえた夜会〜 】

open  18:00〜
start   19:00〜
参加費  ¥10000 (グラスシャンパン・おもてなしオードブル付き)
《13名様 限定》

vo.g    小林啓子
vo.g    鮫島直美
古典フラ・カヒコ   Rumiko Maria Castro Muito
gt pepe伊藤

● 一昨年前に古希を迎えられ、唄い手として今が1番成熟、そして精力的に活動をされている フォークシンガーの小林啓子さんをお迎えし
福岡在住の世界市民・魂の踊り手Rumiko Maria Castro Muito
そして ボサノヴァ弾き語りの鮫島直美
今回 小林啓子さんのサポートとして gt. pepe伊藤
の4人でお届けする

特別な世界。
特別な夜。


その世界に ゆったりと浸って頂く為に
当日は限定 《13名様 》とさせて頂きます。


《小林啓子 プロフィール》
d0168331_16345643.jpg
東京生まれ。聖心女子学院英語専攻科在学中からプロ活動を開始。
1966年頃から盛り上がり始めたカレッジ・フォークブームの中
フォークの女王「ジョーン・バエズ」のレパートリーを歌いひときわ注目された存在だった。
大学卒業後、ニッポン放送「フォークビレッジ」の番組開始当時から準レギュラーとして出演。

1969年キングレコードより『こわれた愛のかけら』でデビュー。
同年NHK総合テレビの人気音楽バラエティ番組「ステージ101」の
レギュラーとなり活躍。
『比叡おろし』『恋人中心世界』のシングルが立て続けにヒット。
その後TBSラジオをはじめ民放各局でレギュラー番組に出演。

…暫しのブランク(?)の後、石井好子さん、永 六輔さんらの呼びかけもあり
2002年、約30年ぶりに再び音楽活動を開始。
六本木スイートベイジル「カレッジポップス」コンサート、青山マンダラでの
ワンマンライブ「小林啓子GO・BU・SA・TA」等で本格的な音楽活動を始める。
2003年、永 六輔「だれかと何処かで」のコンサート出演。
同年10月エフエムさがみでレギュラー番組「小林啓子アメイジング・グレース」始まる。
2004年7月、HIYOレコードから『明日咲くつぼみに』リリース。
そして2006年9月20日、30年ぶりのオリジナル・フルアルバム
『始まりでもいなく 終わりでもなく』が、嘗ての仲間たちとコラボレートしながら完成…
長谷川きよし、中山千夏、小坂 忠、ブラッド&バター、及川恒平、南 佳孝、山木康世、他たくさんの音楽仲間たちのサポートを得て…

元フォークの女神 小林啓子の新たなるステージの幕が開きました。

d0168331_16475003.jpg
《 Rumiko Maria Castro Muito )
d0168331_16253593.jpg

d0168331_16250719.jpg
d0168331_16260210.jpg


ご予約・お問い合わせ
080-4281-4762
福岡市中央区港3-2-1
cafe & bar  Brisa do

Commented by M. Hasegawa at 2019-07-06 19:39 x
今日の午後は偶然とは言え、Bosanobaがあふれる本当に良い時間をBrisa Doで持てました。雰囲気のあるお店と鮫島さんの情感こもるボサノバのふるまい歌で年甲斐もなく舞い上がり、帰り道も気持ちもホカホカです。ありがとうございました。さっそくCDを聴きました、どの曲も素晴らしいです。その中でも私が好きな曲は軽快なO negocio e marとしっとりと情感豊かなA Voltaです。又立ち寄らせていただきます。
by brisa-do-B | 2019-06-30 15:37 | Comments(1)