人気ブログランキング |

福岡で活躍中のブラジル系アコースティックデュオ/ブリーザ・ド・ブラジル


by brisa-do-B
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
d0168331_12332578.jpg
いよいよこのコテージとお別れの日。
d0168331_12333185.jpg
ローレンスさんが見せてくれた2本のステッキ。
d0168331_12333787.jpg
1つは赤ちゃんを抱いたインデアンの女性。
1つは馬の頭。

d0168331_12334253.jpg
本当に優しいご夫妻。
いつも 色々と気遣って下さいました。

カナダのお父さんとお母さん。
d0168331_12334982.jpg
車で出発する我々を玄関から見送る夫妻。
寂しくて、涙が出そうになりました。
ありがとうございます!ローレンス夫妻!!
また帰って来ます。


今夜 最後のLive会場に向かう前にオンタリオ湖に。
d0168331_12422929.jpg
まるで海。
d0168331_12423763.jpg
裸足で歩いてみた。
サラサラの砂。
d0168331_12424200.jpg
何となく寂しさを感じる "秋の海”の様でした。
d0168331_12470966.jpg

d0168331_12471892.jpg

d0168331_12472932.jpg


小さな女の子のシルバーの靴が片方だけ
ポツンと。
これも 何となく"秋"の感じでした。
d0168331_12474061.jpg


ここがカナダ最後のLive会場【Loft】
d0168331_12501343.jpg

d0168331_12502904.jpg

d0168331_13031534.jpg
最初に山口泰一郎さんのピアノとボーカリスト堀内実智代さんのデュオ。
彼女は1カ月トロントに滞在し、英語と音楽を学んでいるそうで 流暢な英語と素晴らしい唄を披露して下さいました。
d0168331_13003820.jpg
そして 私と豊田さんのデュオ。
d0168331_13004243.jpg

d0168331_13004584.jpg

d0168331_13005016.jpg
様々な思いをのせて
カナダでの最後の夜を悔いなく唄いきりました。
d0168331_13090243.jpg
真ん中がオーナーのKenさん。
ビクトリア・ホールでの公演でもお世話になりました。

Liveを終えてすぐ
その足でステージ衣装のままトロント国際空港へ。
現地時間 夜中の1:45の飛行機に乗り
台北経由で無事 日本に帰って来ました。

d0168331_13133822.jpg

d0168331_13134403.jpg
今回の旅は 豊田ご夫妻とずっとご一緒させて頂きました。
豊田さんの眼となり、常に側でお世話される典子さん。
それ以上に、カナダでは類い稀なコミュニケーション能力を発揮され、私も随分と典子さんに助けて頂きました。
豊田さん、典子さん
本当にありがとうございました。

そして今回のカナダでの演奏を企画し、私たちをカナダに導いてくれたサンムラタさん。
信じられない程のバイタリティで
滞在中 本当に、細やかな配慮を下さいました。
改めて 感謝致します。

サンちゃん、本当にありがとうございました!!
d0168331_13291804.jpg


そして、今回 共演させて頂いた
ピアニスト 山口泰一郎さん
サックス奏者  碓井雅史さん
カナダの偉大なプレイヤーのお二人
ベーシスト Neil Swainsonさん
ギタリスト Reg Schwagerさん
シンガー Diana Pantonさん
そして今回の旅で御縁を頂いたボーカリスト堀内実智代さん

皆さんに 改めて感謝と尊敬の気持ちを送ります。
本当にありがとうございました!!
d0168331_13282321.jpg


そして
私を応援して下さり、
真心の羽を届けて下さいました 全ての皆様に
改めて感謝の気持ちを送ります。

皆様のお陰で素晴らしい体験を積むことが出来ました。
本当にありがとうございました!!!

ちなみに
来年の1月にサンちゃん、Neil (多分 Reg も)
が来日予定です。
彼等の素晴らしい演奏が また日本で聴けると思うと 今からワクワクします。

詳細 決定次第
皆様にお知らせ致します。


最後に、絵本英語版サンプル配布についてのご報告です。
Liveでご縁頂いた方で、絵本に興味をお持ちの方への配布のみならず、
現地で知り合ったカナダ在住の日本の方に「この絵本を通して何か地球のお役に立てたら」という 絵本を広めたい意図をお話ししたところ、非常に共感頂きました。
その方も 自分の得意な事をしながら人や地球のお役に立てたらと言う、同じ心持ちで日々活動してある方でした。
日本から持って来た絵本のサンプルはその方に託させて頂きました。
カナダの地で 素晴らしいご縁が輪となって
広がってゆく事を願いながら😌
d0168331_16504631.jpg

d0168331_16513562.jpg

d0168331_13353035.jpg
《帰国中の飛行機の窓から望む 我が町 港の風景》

# by brisa-do-B | 2018-10-03 12:31 | Comments(0)
d0168331_11580327.jpg
コテージの庭にある
ブランコやハンモックが私を呼ぶ。
d0168331_12021409.jpg

d0168331_12022248.jpg
ひゃ〜〜
乗るの難しかったけど
最高〜〜〜〜\(^^)/

d0168331_12050846.jpg
ハンモックのブランコも
d0168331_12051614.jpg
わ〜〜〜〜い\(^^)/
d0168331_12065595.jpg
横を見ると山口さん!
d0168331_12070435.jpg
2人とも その瞬間 確実に童心に戻っていた!
d0168331_12093444.jpg
あ!豊田夫妻も!
d0168331_12094251.jpg
ハンモックに包まれ 癒され中の山口さん。

d0168331_12112492.jpg
この日はコテージのお父さんローレンスが
チキンの丸焼きを焼いてくれました!
d0168331_12113167.jpg

外のテラスでランチ。
気持ちいい〜〜♪
d0168331_12114162.jpg

これは別の日ですが
ある日はずっしりとしたハンバーグを焼いてくれて
d0168331_12141380.jpg
d0168331_12152975.jpg
ボリューミィーなハンバーガー💓
d0168331_12153862.jpg
たっぷりなお野菜とフルーツも一緒に
d0168331_12172495.jpg
がぶり!!!
d0168331_12172934.jpg
もう、最高〜〜💓
d0168331_12184121.jpg
サンちゃんとローレンスの奥さんフランセス。
d0168331_12203106.jpg
少し肌寒いけど
風がとっても気持ちいい。
d0168331_12203751.jpg
オンタリオ湖の波の音。

d0168331_12224247.jpg
自然とともにある
本当に素晴らしい場所。


夜は【Natural】と言うLiveスポットでLive。
ここのオーナーのスティーブ・ホルツさんは素晴らしいピア二スト。
この日はバタバタしていて写真もほとんど撮れてませんが こちらがLive風景。
d0168331_12264296.jpg
今日も楽しく演奏をお届けする事が出来ました♪
ご来場の皆様
ホルツさん
ありがとうございました!!


続く。

# by brisa-do-B | 2018-10-03 11:55 | Comments(0)



d0168331_14002485.jpg
ここは素敵なお家が並ぶ住宅街
毎年 この季節になると町をあげて開催される
【Porch Festa】
52件のお宅のベランダで様々なLiveが ♪
道行く人々が自由に音楽を楽しむお祭りです。

私たちもサンちゃんの親友 Geiryさんのお宅で演奏。
d0168331_14003027.jpg
Porchから望む景色。
d0168331_14003639.jpg
お庭はこ〜んなに広々😆‼️
d0168331_10281972.jpg
d0168331_11460173.jpg
前に座ってる人のシャツに サメの刺繍みっけ♡


PBSテレビが取材に。
『絵を描く音楽家』の番組を製作しているとの事。
d0168331_11015825.jpg
取材を受けるサンちゃん。

私もサンちゃんの通訳を介しインタビューを受けました。
スケッチブックと水彩絵の具を渡され
突如 絵を描く事に…!!
d0168331_10494711.jpg
出来た作品がこれ。
大好きな木とオンタリオ湖がテーマ。
d0168331_10553681.jpg
絵は家主のゲイリーさんに進呈しました。
d0168331_10574523.jpg
ゲイリーさんのお宅には、サンちゃんの素晴らしい絵が沢山 飾られていました。

d0168331_11065775.jpg
d0168331_11073150.jpg
演奏終了後はベジタリアンの豊田さんを気遣い作って下さった、野菜メインの美味しいお料理とワインを馳走になりました。
美味しかった…!!!

d0168331_11104390.jpg
ゲイリー夫妻と愛犬ちゃん(他にも3匹)と一緒に。

素晴らしい一日をありがとうございました。



続く。

# by brisa-do-B | 2018-10-01 13:54 | Comments(0)
d0168331_05273133.jpg
お世話になっているB&b【Loughbreeze Bay】から望むオンタリオ湖の朝焼け。
d0168331_05281723.jpg
後ろを振り向くと朝のお月さま。
d0168331_05285822.jpg
この日は夕方からコテージLive。
沢山の方にお越し頂きました。
d0168331_05294970.jpg
この日は風が強くて 少し肌寒い。
d0168331_05303290.jpg
d0168331_05325092.jpg
ステージからの風景。

d0168331_05453970.jpg
蜂蜜をくれた80万坪のジョンさんも来てくれました。
彼は初日のサンちゃん邸のパーティーで唄った
《ななつのこ》がとても好きだと言って下さいました。

日本語がわからなくても
ハートは伝わるんだなぁ…😌
と、私も すごく嬉しくて。
d0168331_05492315.jpg
蜂蜜のお礼に
唄の歌詞の意味を英語で書いてプレゼントしました。
とても喜んで下さいました。


カナダに来て
《ななつのこ》を、まさか毎回 唄うとは
思いもしなかったけど(≧∀≦) ♪

日本人として 本当に嬉しい気持ちでした。

d0168331_05572170.jpg
コテージ オーナーのローレンスさん。
寝るのが大好きな私を
いつも「スリーピィー♪」と呼ぶ
とっても優しいお父さん。
d0168331_06222077.jpg
左の彼女はフォトグラファーのイヴァナ。
彼女とは フィーリングがとても合って
良い友達になれました😊

d0168331_06235192.jpg

d0168331_06160273.jpg
室内に移動してセカンド・ステージ。

d0168331_06164887.jpg

d0168331_06172642.jpg
Live終了後は結構な寒さに…。
でも、沢山の方に喜んで頂けて
心はあったか 💓
d0168331_06101992.jpg
今日も一日 ありがとうございました( ´ ▽ ` )♡


明日はサンちゃんのお友達のお宅のテラスでLive ♪

続く。
d0168331_05594247.jpg



# by brisa-do-B | 2018-10-01 05:24 | Comments(0)
今回のライブ会場はここ。
【Old Church♦︎THEATER】
d0168331_20215625.jpg
古い教会をシアターに改装した
素敵な場所です。
d0168331_20222849.jpg
まわりは こんなに広々とした大自然。
まるで絵の様な風景。
d0168331_20230256.jpg
d0168331_20264163.jpg
リハ前に1人で影遊び。
d0168331_20272720.jpg

d0168331_20280311.jpg

d0168331_20293005.jpg

ライブの始まり。
d0168331_20340401.jpg
山口泰一郎さんのピアノと(wb)ハワードさん
(g)マイケルさん
d0168331_20342765.jpg
サンちゃんのヴァイオリン
豊田隆博さんのピアノ
d0168331_20344927.jpg
お客さまも静かに聴き入って下さっています。

元が教会なので天井が高く
音が広がり サウンドが気持ちいい。
d0168331_20351360.jpg

今回、私もギター弾き語りを数曲お届けしました。カナダ初!
d0168331_21085028.jpg

d0168331_20391712.jpg

d0168331_20394525.jpg
すごく楽しい!
d0168331_20400813.jpg
こちらはギター職人
【Mobius Guitar】の Andry Obarymsky さん。
この日のライブの為に、自身が作られたギターをわざわざ貸して下さいました。

しかし このギター  
素晴らしかったです!

ほ、欲しい。。。♡ 

d0168331_20422766.jpg
カナダの方はライブ終了後
必ず声をかけて下さいます。
そう言うとこ、本当にあったかいなぁ〜と思います。
d0168331_20424527.jpg
サンちゃんの右からマイケルさん、ハワードさん。今回 ご一緒出来て とても楽しかったです!
ありがとうございました!!


カナダでのLiveは残すところ後3本 ♪

続く。

# by brisa-do-B | 2018-09-30 20:18 | Comments(0)