人気ブログランキング |

福岡で活躍中のブラジル系アコースティックデュオ/ブリーザ・ド・ブラジル


by brisa-do-B
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

Jazz Bistro での公演後
2日間はオフ。
お世話になった トレント、ヒルズのB&B(民泊)は今日まで。
最後に大きな木のブランコに乗りました。
d0168331_22075069.jpg
きゃーーーーーーー😆💓
d0168331_22091166.jpg
豊田さんの奥さん典子さんにせかされ立ち漕ぎをする、直美 52歳 (笑)

きゃーーーー‼️
楽しい〜〜〜〜〜〜💓💓💓


こどもか(笑)!!


後で聞いた話ですが
豊田さんも乗られたそうです ♡

d0168331_22453727.jpg
次にお世話になる宿はここ。
d0168331_22460403.jpg
天井が吹き抜けで 大きな窓から明るい光が。
d0168331_22480688.jpg
窓の外の広い庭の向うには
まるで海のような《オンタリオ湖》
風と波の音が心地よい。
d0168331_22523316.jpg
皆んなでお茶をしに繰り出す。
d0168331_22530049.jpg
ここは 前の宿舎のオーナーの奥さんLizさんが営むカフェ。
d0168331_22532710.jpg
左はサンちゃんのお宅のお隣さんのジョンさん。
ジョンさんのお宅の敷地は 何と!80万坪!!!
広すぎて検討がつきません!!!
動物を保護し守る為にその土地を購入し、敷地内は立ち入り禁止にしているそうです。
d0168331_22540242.jpg
敷地内で採れた蜂蜜とメープルシロップをネーム入りでプレゼントして下さいました(≧∀≦)
ジョンさん ありがとうございます!!
d0168331_22562066.jpg

d0168331_22570060.jpg
場所をかえて
レッドネックと呼ばれる大衆レストランで
ハンバーガーを食べました。
結構なボリューム(≧∀≦)!!!
でも完食!!!
d0168331_22573293.jpg
通りすがりの こちらもレッドネックの大衆酒場。
古いピアノを弾く豊田さん。

d0168331_23000934.jpg
カナダは何処に行っても国旗がはためいています 🇨🇦


明日から 5日間 毎日ライブ ♪
機材やマイクをレンタルしに行きました。
d0168331_01133514.jpg

d0168331_01140200.jpg
カナダではポピュラーなチェーン店で
これら全て レンタル商品です。
私はマイクのシュアー・ベータをレンタルしたのですが、5日間借りても16ドル。
日本円で1600円しない。
安い‼️


明日は 【Old Charch】と言う古い教会をシアターに改装した場所でライブ ♪


続く。

# by brisa-do-B | 2018-09-28 22:00 | Comments(0)
カナダでも有名なJazzスポット
【 Jazz Bistro 】
d0168331_23044561.jpg

d0168331_23050842.jpg

d0168331_23054235.jpg
建物のサイドの駐車場側。
壁画の、この おじさんの 何とも言えない表情に
思わずシャッターを押してしまいました(笑)
d0168331_23060400.jpg

d0168331_23063537.jpg
赤と黒が基調の洒落た店内。
ステージにはこれまた、赤と黒のスタいんウェインが。
天井が高く、二階席からもステージを望めます。
d0168331_23232579.jpg
店内は沢山のお客様。
d0168331_23233858.jpg
サンちゃんのヴァイオリンでオープニング。
d0168331_23235683.jpg
お客様から頂いた手元にある写真をアップします。
他の共演者の方の写真が 少ない事を、どうぞお許し下さい。
d0168331_23241448.jpg

d0168331_23312333.jpg

d0168331_23314202.jpg


フィナーレは全員でステージに(≧∀≦)!!!
d0168331_23371525.jpg

d0168331_23373910.jpg


カナダ在住の日本人の方も数人お見えになっていました。

普段は演奏中でも比較的ガヤガヤしているらしいのですが
全員の方が 静かに集中して聴いて下さいました。
それは、 こちらでは なかなか無いとの事でした。

あるお客様は
「まるで映画を観ている様なステージでした。
思わず引き込まれました」
と、おっしゃっていました。

私は自分の出番以外の時は
客席に座って存分に演奏を楽しみました。
うっとりする程の 
美し過ぎる 音の芸術を
この眼で
この身体で
確かに感じて その素晴らしいギフトを受け取りました。
d0168331_20585939.jpg



私はいつも通り
ポルトガル語の曲を数曲
日本語の曲を一曲 
お届けしました。

最初は一瞬 緊張しましたが
笑顔でステージを見つめて、楽しんで下さっている皆さんのお顔を見ると

「あぁ、言葉は通じなくても 
心は通じるんだ。
音楽は通じあえるんだ。
皆んな、一緒なんだ。」

そう思えて、リラックスして 楽しく唄う事が出来ました。
d0168331_21021140.jpg

d0168331_23412364.jpg
皆んなで作りあげたステージ
やり終えた充実感
素晴らし過ぎるプレイヤーの皆さんとの共演

最高でした…!!!
d0168331_23413956.jpg
出演者 全員で☺️✨✨✨
d0168331_23452833.jpg

d0168331_23455526.jpg
現在トロントに住んでいる博多出身ボーカリストの花月ちゃん。
来てくれましたー😆‼️💓
博多弁喋ったら、すっごく喜んでた(笑)
彼女は元気でしたよ。
花月ちゃん、ありがとう!!!
d0168331_23463332.jpg
ありがとう‼️【Jazz Bistro】‼️



打ち上げは サンちゃんのお友達の
日本料理屋さんで。
d0168331_13441295.jpg
まるで 日本にいるみたい(≧∀≦)!
d0168331_13444236.jpg
サンちゃんとReg
親子以上の年齢差のあるお二人は
本当に仲良し。

NeilもRegも
《サンちゃん》と言う人間と 音楽のフィーリングが大好き。
お二人とも世界レベルの凄いミュージシャンなのに
気さくで、ヒューマンで、素朴で、チャーミングで!
本当に素晴らしいです。


d0168331_13451206.jpg
「今回のコンサートは
次につなげる為の序章だ。
今から 皆んなで 
おもしろい事 どんどんやろう!」

と、79歳のサンちゃんは常に前へ、前へ。
他の誰よりもエネルギッシュ!!

サンちゃんは
回りの皆んなに元気、パワーを与えてる人。
人の笑顔を見るのを喜びとしてる人。
そうやって、与え続けて来たから
あんなにパワフルなんだろうなぁ…!


トロントの夜は更けていく。

続く。

# by brisa-do-B | 2018-09-26 22:59 | Comments(0)
さぁ❗️いよいよ‼️
d0168331_22504983.jpg
トロント郊外の街 コーばーグ。
d0168331_22545965.jpg

d0168331_23000946.jpg
d0168331_19280579.jpg

私達の背後にあるのが今回のジャズ・フェスティバルの会場ヴィクトリアホール。
歴史ある建築物です。

d0168331_11452864.jpg
到着したNeil Swainson(wb)とReg Schwagar(g) と合流。
お二人はカナダを代表する世界的なプレイヤー。

いざホールへ。
d0168331_23003901.jpg
d0168331_10424365.jpg
リハ風景。
d0168331_23010635.jpg
カナダで大人気の歌手ダイアン・パントンさんと。


リハが終わり近くのレストランに食事に。


こんな風に、街の至る所に白いピアノが置いてありました。
d0168331_22552903.jpg
d0168331_23031742.jpg
そのピアノを弾く おちゃめなニールさん。
d0168331_23035794.jpg

d0168331_23061866.jpg

d0168331_23064605.jpg
左はモントリオール在住のサックス奏者
碓井雅史さん。
右は世界的に活躍されているギタリスト
レッジ・シュワガーさん。
d0168331_23071219.jpg
カナダのシーフードはムール貝が良く使われていました。美味😆‼️💓


さぁ!時間になりました。
会場は沢山の人…!!!
d0168331_21344030.jpg
ポスターデザインはサン・ムラタ氏。
素敵です!!

d0168331_21354079.jpg
まずはサンちゃんのヴァイオリンでオープニング♪
d0168331_10504538.jpg
ウッドベース Neil Swainsonと ギター Reg Schwagar、ピアノは豊田隆博さん。
d0168331_10555760.jpg
次はピア二スト山口泰一郎さんとのトリオ。

d0168331_20472049.jpg
そして、サックス奏者 碓井雅史さんとのトリオ。


それぞれの音の世界が あまりに美しく
聴衆の皆さんが 、ぐいぐい その世界に引き込まれていました😌✨✨✨✨


d0168331_10571928.jpg
そして私もステージに。
NeilとRegの奏でる 大きな船に乗り
ゆったりと海を渡る気持ちで唄をお届けしました。

d0168331_20123690.jpg

d0168331_10511940.jpg
サックスの碓井雅史さんが参加。
曲は  【Corcovado】
まるでスタン・ゲッツの様。
美しく、情景の広がる素晴らしいサウンド。
d0168331_11001662.jpg


休憩を挟んで
二部はカナダを代表する人気歌手【ダイアナ・パントン】のステージ。
Daiana さん、素晴らしかったです✨✨✨💓
d0168331_11060021.jpg
写真が遠くて残念!


今回は14時〜の昼の部と 19時〜の夜の部 の2回公演。
両方とも満席で 大盛況でした。




コンサートも無事終了。
d0168331_11064712.jpg
ステージ後に記念撮影。
d0168331_11071821.jpg

d0168331_11142389.jpg

帰り際に 沢山のお客様が笑顔で声をかけて下さって、心から感激しました😌✨✨

企画のサン・ムラタさんに関しては
「こんな素晴らしいコンサートを企画してくれて、本当にありがとう!!」
と、本当に沢山の方から感謝のお言葉を頂いたそうです。

後から聞いたのですが
帰りの車の中で 1人 サンちゃん
感動の涙を流したそうです😌✨✨✨




d0168331_11155952.jpg
明日はいよいよToronto【Jazz Bistro】‼️


続く。

# by brisa-do-B | 2018-09-25 19:37 | Comments(0)
サンちゃんこと サン・ムラタ氏のアトリエで
ジャズフェスティバル前日にパーティーが行われました。

d0168331_18064064.jpg

d0168331_18071711.jpg
広い広い お庭の向こうに見える
あの 可愛い建物が、 画家であるサンちゃんのアトリエです。
d0168331_18080372.jpg
d0168331_18120341.jpg
サンちゃんの作品が沢山 展示してありました。
d0168331_18124365.jpg

鳥のさえずりの声と風のそよぐ音。

こんなに素晴らしい 大自然の中で
サンちゃんの 優しい作品たちが生まれているんですね。
d0168331_18131642.jpg

さぁ、partyの始まり ♪
d0168331_19501862.jpg
まずは サンちゃんのヴァイオリンとご友人のピアノでお出迎え ♪
d0168331_19504352.jpg
来賓の皆さんが持ち寄ってこられたワインが
あっと言う間にテーブルにズラッと…!
d0168331_19511036.jpg

d0168331_19513666.jpg
私も豊田さんと2人で演奏 ♪
d0168331_19205833.jpg

モントリオール在住のサックス奏者
ウスイ まさしさんも到着。
さっそく演奏 ♪
d0168331_19213148.jpg

d0168331_20052420.jpg
豊田さんのソロピアノに耳を傾ける皆さん。


サンちゃんのお友達は
皆さん、本当に温かい方ばかりでした。




しかし
サンちゃんの人生はつくづく面白い。
まるで小説の様だ。
d0168331_20151628.jpg
日本で生まれ、プロテニスプレイヤーもしていた。
皇太子と美智子様の軽井沢のテニスの出会い。
まさに、その時期にお二人とテニスで交流していたらしい。
d0168331_20154655.jpg
若い頃、石原裕次郎とバンド組んでギター弾いたらしい。(左がサンちゃん)

d0168331_20160800.jpg
世界的イラストレーターの黒田征太郎さんと共にカナダに渡り
永住。
プロテニスプレイヤー
アートディレクター
イラストレーター
を経て
画家に転向
50歳過ぎてからJazzヴァイオリンを始める。


あれ!?
d0168331_20164148.jpg
このキラキラした眼のイケメンさんは
トルドー大統領じゃないですか???

政治家を目指して活動を開始した
若きトルどー現大統領を、音楽を通して応援していたそうです。
何と 大統領の部屋にはサンちゃんの絵が飾ってあるとか…!

サンちゃんの人生には数々のビックネームが登場するも、サンちゃんの人生自体がまさにビッグウェーブで 、昭和・平成を駆け抜けた
79歳になられた今でも、全くそれを感じさせないアクティブさには毎回 頭が下がります。
d0168331_20401968.jpg
今回も日本とカナダを結ぶ交流Jazzフェスティバルを企画した立役者であるサンちゃん。

「僕の人生から 情熱とチャレンジを無くしたら
人生の意味が無いんだよ。さめちゃん。」

と、以前手紙に書いて送ってくれました。

そんな人生の大先輩に背中を押され
導かれ
私は 今、このカナダの大地に立っている…!
d0168331_20505928.jpg


いよいよ明日はJazzコンサート本番です😆‼️


続く。



# by brisa-do-B | 2018-09-24 18:03 | Comments(0)
d0168331_01071707.jpg
カナダで迎える 初めての朝。
d0168331_01314117.jpg

d0168331_01080239.jpg
しばらくお世話になる B&B(民泊)
小高い丘に建つこの建物は
昔TVで観て憧れた
大草原の小さな家」に出て来る様な
それは それは 素敵なお家。

辺り一面 どこまでも続くトウモロコシ畑。
d0168331_01090563.jpg

d0168331_01095209.jpg
お庭にはプールも!

d0168331_01173893.jpg

d0168331_01182672.jpg
ブランコ〜〜〜〜💓💓💓
d0168331_01191494.jpg
憧れのハンモック
幸せすぎる。。。
d0168331_01215530.jpg
奥さまの Lizさんが焼いたクロワッサンやスコーンを朝食に頂きます。
すごく 美味しい!

d0168331_01262807.jpg
お昼にサンちゃんが
鮭の川のぼりを観に連れて行ってくれました。
d0168331_01265707.jpg
 サーモン釣りが解禁に。

大きな鮭が必死に川を登るその姿は
本当にすごい。
目的地に着いて産卵出来るのは
いったい、どれくらいなのだろうか。
『生命って凄いな…!』
と感動します。
釣り人には悪いけど
「逃げて!捕まらないで!」
と心で叫ぶ。


d0168331_01390968.jpg
サンちゃんの友人のPatrick Taylorさんと。
彼はその昔
カナダに初めて渡辺貞夫さんを招聘した方だそうです。
d0168331_01393624.jpg

カナダ初日はゆったりと。
明日はサンムラタ亭で午後からパーティー。

続く


# by brisa-do-B | 2018-09-24 01:03 | Comments(0)